|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOME  >  トピックス一覧  >2022年 >田内千鶴子生誕110周年/尹錫悦大統領の祝辞

田内千鶴子生誕110周年/尹錫悦大統領の祝辞

 田内千鶴子女史生誕110周年、おめでとうございます。 有意義な場を設けてくださった尹基共生福祉財団会長、慎承男理事長、李順載尹鶴子共生財団理事長に感謝いたします。

 田内千鶴子女史を称えるため、遠い道のりを厭わずご参加くださいました国内外のご来賓の皆様にも深く感謝申し上げます。 特に日本政府を代表してご臨席くださいました濱田省司高知県知事をはじめ、日本からお越しくださいましたご来賓の皆様を歓迎いたします。

 田内千鶴子女史は、一生を愛と献身で3千人以上の他国の孤児たちを育てた「韓国孤児たちの母」でした。女史の子どもたちに対する愛と献身には国籍という境界は無意味なものでした。
 尹致浩伝道師から始まった共生園と共生園の子どもたちを守り抜いたのは田内千鶴子女史でした。つらくて苦しかった激動の歳月の中でも子どもたちへの一途な愛が韓国・日本両国の国民の心を動かしました。 韓日両国の国民が国境を越えて子どもたちを愛する心で一つになり、友情を築いたのがまさに愛の力であり、奇跡です。

 我が子どもたちは、いかなる環境の中でも傷つかずに愛の垣根の中で健康に育つべきです。女史の遺志もこれと違わないと存じます。この場にご参加された皆様が先頭に立って田内千鶴子女史の遺志を継続してくださること切に願います。

 今日、この意義深い場を通して、田内千鶴子女史の精神がより広く知られ、実践されることを願います。田内千鶴子女史の愛と献身に対して韓日両国の国民が見せてくれたご声援とご支持に私も心を添えます。

 もう一度、田内千鶴子女史の誕生110周年をお祝いし、ご出席されたすべての方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 ありがとうございました。

        2022年10月28日
         大韓民国大統領 尹錫悦



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園
寄付