|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOME  >  トピックス一覧  >2021年 >岡本民夫さんら三氏が受賞

岡本民夫さん・中西豊子さんに京都ヒューマン賞
仲尾宏さんに韓国国際交流財団賞

 故郷の家・京都支援の会の共同代表を務める仲尾宏さん(写真下右。京都芸術大学客員教授)が韓国国際交流財団賞を受賞、2021年10月29日にソウルで授賞式が行われました。同賞は海外で韓国との相互理解増進に貢献した人や団体に贈られるもので、今年は8回目。日本人の受賞は仲尾さんが初めてです。仲尾さんは朝鮮王朝が江戸時代に日本へ送った外交使節「朝鮮通信使」の研究で知られています。

また、2021年度「京都ヒューマン賞」(京都オムロン地域協力基金)を故郷の家・京都支援の会代表会長の中西豊子さん(写真中央。高齢社会をよくする女性の会・京都前代表、認定特定非営利活動法人ウィメンズ・アクション・ネットワークWAN元理事長)、同会顧問の岡本民夫さん(写真左。同志社大学名誉教授、一般社団法人京都ボランティア協会名誉会長)が受賞しました。同賞は、地域における社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、生活環境や地球環境の整備等の分野において、社会に貢献されている京都と関わりのある個人や団体に贈られるものです。受賞は4月ですが、11月23日に2020年度(昨年はコロナ禍で中止)と2021年度合わせての授賞式が行われました。



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園
寄付