|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2019年 >韓国国民俳優 李順載さん 総裁就

韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任
国連「世界孤児の日」制定推進委員会
2020年1月15日 ソウル プレスセンターで

韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任 国連「世界孤児の日」制定推進委員会 総裁に就任したイ・スンジェさんを囲んで記念写真
韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任 総裁就任あいさつするイ・スンジェさん

 社会福祉法人こころの家族の尹基理事長が推進してきている国連「世界孤児の日」制定推進活動が、大きく飛躍することになりました。

 韓国の人気ドラマ「許浚」「野人時代」「商道」や最近の「トック」など数多くのドラマで好演し、国民俳優と呼ばれるイ・スンジェ(李順載)さんが、国連「世界孤児の日」制定推進委員会の総裁に就任し、国連「世界孤児の日」制定推進へ尽力することになりました。

 咸鏡北道会寧郡出身のイ・スンジェさんは、86歳で韓国最高齢の現役俳優として活躍されています。ソウル大学哲学科を卒業したエリートで、国会議員にも1回当選し、2010年からは大学の教壇で後輩の育成にも努めておられます。

 国連「世界孤児の日」制定推進事業は、尹基理事長が「孤児のいない社会」を切望した母、田内千鶴子女史の願いを受けて、田内千鶴子生誕100周年の2012年から推進し、2018年には、ニューヨークの世界大会で国際的にアピール、その間、学術会議や各種事業を展開し、アフリカ最貧国マラウィなども訪問して、その実現を訴えてきました。

韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任
あいさつするイ・スンジェさん
韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任 尹基理事長あいさつ
尹基理事長
韓国国民俳優 イ・スンジェさん 総裁就任 李洛淵元総理あいさつ
李洛淵前首相

 去る1月15日、ソウルのプレスセンターで行われた総裁就任式には、李洛淵前韓国首相をはじめ、国連「世界孤児の日」制定推進に尽力してきた各界の人士たちやキム・ソンファン、ユ・ドングン、イ・ソジン、キム・ヨンチョル、ユ・スンボン、ソン・スクなど韓国芸能界の錚々たるメンバーが顔をそろえました。
 日本からは尹基理事長、田内文枝総括理事をはじめ、高知からも西森潮三元県議会議長や韓国、日本の国連「世界孤児の日」制定推進委員会、尹鶴子共生財団、木浦共生福祉財団、こころの家族役員など数百名が参加しました。

 就任式で、イ・スンジェさんは「私たちが苦労した時期に受けた恩を返そうとする'世界に向けての感謝'の一環として出発したということに共感し、この仕事の先頭に立つことにした」とあいさつし、「より美しい社会を作るのに皆さんの人間愛を注いでほしい」と訴えました。

 国連「世界孤児の日」の提唱者である尹基理事長は、「イ・スンジェさんが総裁に就任したことが社会に知られれば、動かなかった地球が動き出すでしょう。今度こそは、国連「世界孤児の日」が制定されるでしょう」と期待を込めて、決意を新たに語りました。

 総理を退任し民主党に復帰したばかりの李洛淵前総理は、初めての公式行事として参加しました。全羅南道知事も務め、尹基理事長とも親交のある李洛淵前首相は田内千鶴子女史や共生園の歴史を詳しく説明し、苦労している孤児に対する関心を高め、支援するために力を合わせようと提案しました。

 同組織委では、各種懇談会や署名運動、孤児支援コンサート、推進基金100万口座、高下島に国連記念日145ブランコ作りなど、多様な活動を進めていく計画です。
 日本の皆様のご賛同ご支援ご参加をお願いいたします。

共生園園児たちの美しい歌声が披露されました 共生園園児たちの美しい歌声が披露されました
退任したばかりで初めての公式行事に参加した李洛淵前首相が紹介され、盛大な拍手を受けました 退任したばかりで初めての公式行事に参加した李洛淵前首相が紹介され、盛大な拍手を受けました



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園
寄付