|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2016年 >河駐大阪総領事と門川京都市長囲むこころの交流会/span>

日韓のこころが通う ビアパーティ
河駐大阪総領事と門川京都市長、そして地域の人々が故郷の家・京都に集う

河総領事と門川京都市長


  36〜8度の猛暑が続いた去る8月8日、日韓のこころが通う素敵なビアパーティが、故郷の家・京都の雲史ホールで開かれました。
 大韓老人会京都支部、同大阪支部、故郷の家・京都支援の会、こころの家族の共催で開かれた河泰允駐大阪総領事と門川大作京都市長を囲むこころの交流会には、大韓老人会の京都、大阪支部の会員、故郷の家・京都支援の会役員をはじめ、国会議員や府市会議員、行政関係者、民団関係者、地域の自治連などの地域の人々など、約120名が参加しました。
  門川大作京都市長  河泰允駐大阪韓国総領事  この日、河総領事と門川市長はお互いに記念品の団扇と扇子を交換し、老人会には見えない健やか倶楽部の人々が、楽しい会で地域社会に貢献していることに感謝すると語りました。
  理事長
 尹基理事長は、あいさつを通して大韓老人会日本連合会結成やこの日のビアパーティの経緯を話しました。   李弘子会長金二泰会長
 大韓老人会京都支部の李弘子会長と大阪支部の金二泰会長は、公務忙しい中、京都市長、総領事が時間を割いて参加してくださったことに感謝し、これからも楽しい会を目指して社会的な活動をし、日韓の健全な発展に寄与したいと語りました。またこの日を記念して故郷の家・京都に桜と木槿を2本ずつ植樹すると発表しました。
  大韓老人会 京都ビヤパーティ  会では、大韓老人会京都支部の会員たちが用意した料理に舌鼓を打ちながら、こころの家族の職員が給仕する生ビールを飲みかわし、気さくな会話をつづけ、お互いに心を通わせていました。
  野中廣務  岡本民夫
 あいさつされる野中廣務元内閣官房長官と故郷の家・京都支援の会の岡本民夫会長
  金有作  金基周
 あいさつされる金有作京都保護育成会理事長と大韓老人会大阪支部の金基周副会長
  河総領事 故郷の家京都見学
 会を前に、施設を見学した河総領事は、施設の素晴らしさやお年寄りが楽しく余生を送られるように腐心している尹基理事長の考えに触れ、韓国の母を京都に連れて来たいくらいだと評価しました。

 この日の参加者:
河泰允駐大阪韓国総領事、門川大作京都市長、野中廣務元内閣官房長官、二之湯智参議院議員、小林正明京都市会議員、渡辺邦子京都府会議員などの議員や行政関係者、王清一元民団本部団長、金有作京都保護育成会理事長、金芳秀京都韓国商工会議所会長等の民団関係者、炭谷憲三陶化学区自治連会長など地域の人々、そして大韓老人会の京都支部の李弘子会長をはじめとした会員、バスをチャーターして参加した大韓老人会大阪支部の金二泰会長、金基周副会長をはじめとした会員、そして故郷の家・京都支援の会の岡本民夫会長、松井珍男子共同代表、中西豊子共同代表や世話人など、約120名。
 



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園