|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2016年 >職員のキッチン・ナンタ大好評

職員のキッチン・ナンタ大好評
一糸乱れぬチームワーク 軽快なリズムに拍手喝采

職員のキッチンナンタ
   去る5月14日、「故郷の家・京都」で職員たちのミュージックパフォーマンス「キッチンナンタ」が利用者やご家族の拍手喝采を浴びました。
 この日、開かれた第7回コリア・ジャパンデイでは、駐車場に焼肉、唐揚げ、チヂミ、トッポキ、ビビンパ、パン屋、エルファ、物産店などの屋台店が出店し、約200名のお客様で賑わっていました。
大好評のキッチンナンタキッチンナンタ好評

 昼食後のアトラクションとして、「故郷の家・京都」の職員たちのパフォーマンス「キッチンナンタ」が披露されました。故郷の家楽しい職員によるキッチンナンタYOUTUBEで公開※この日式典での後半部分をyoutubeで公開中
「ナンタ」とは漢字で「乱打」と書くように、包丁やキッチン道具を使って、野菜を切り刻みながら、韓国特有の軽快なリズムを奏でるパフォーマンスで、世界中で公演され人気を集めています。韓国ではナンタ専用劇場もあり、観光名所にもなっています。
 その本物のナンタよろしく、職員たちが白いシャツに赤いスカーフを巻き、コック帽をかぶって雰囲気を醸し出します。フライ返しやしゃもじなどのキッチン用品を使って全員一糸乱れず軽快なリズムを奏でると、詰めかけた利用者や家族たちは、全身でリズムを受け止め、やんやの拍手喝采を送りました。
キッチンナンタキッチンナンタ大好評







 午前中の式典でもパフォーマンスを披露し、好評を得ていましたが、職員たちは、この日のため、勤務後、ホールに集まり連日練習を繰り返してきました。その成果があって、見事に一致したここちよいリズムを奏でることができました。若い職員たちの自発的で積極的な姿勢が、見物者に好感を与えていました。
 参加した職員の1人は、仕事後の練習はちょっとつらい面もありましたが、それ以上に他職員とのチームワークを形成し、達成感を味わうことができました。今後の利用者の介護面でもそのチームワークを発揮して行きたいと満足げに語っていました。

キッチンナンタ



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園