|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2016年 >第1回国際福祉医療人材育成研究会

外国人介護人材受け入れについて学ぶ

水上洋一郎講師
第1回目の国際福祉医療人材育成研究会が、去る3月30日、御茶ノ水クリスチャンセンターの社会福祉法人こころの家族東京事務所において行われました。
 この日、講師に元法務省入国管理局局長を務められた、水上洋一郎先生が、主に外国人技能実習制度について、技能実習生の保護に関する法律案、外国人介護人材受け入れの在り方、出入国管理の状況等を懇切丁寧に説明してくださいました。
医療介護人材育成研究会
 尹理事長は、これからの外国人受け入れ問題に係る勉強会の必要性を述べ、福祉医療人材の人手不足のため、優秀で勤勉なアジアの人たちに働ける環境をつくることが、日本の将来のために、そしてお年寄りの生活と生命を守るために大切なことであると強調されました。
 参加者の方がたも熱心に耳を傾け、質疑応答では、活発で真剣な意見交換が交わされました。
この日参加された主な方々は、NPO法人日本語教育活動支援協会の福田孝雄理事長、社会福祉法人友愛十字会の小林和弘理事長、社会福祉法人さぽうと21の水上洋一郎監事、成*(日に景)哲With Group CEO、小澤京子Tokyo one 日本語学校理事長、金安信キャンパス・クルセード・フォー・クライスト牧師、都奇延エクセルシオール秦野施設長、李勝敏LOCAL世界 東京特派員などの皆様やこころの家族東京の職員の方々です。
医療介護人材育成研究会



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園