|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2009年 > スウェーデン音楽療法セミナー

スウェーデン音楽療法セミナーとワークショップ開く


  故郷の家・京都の文化ホールで11月12日、スウェーデン音楽療法の第一人者であるステン・ブンネ氏を迎えて音楽療法セミナーが開かれました。
 ブンネ音楽療法1昨年、故郷の家・神戸で開催された同セミナーが好評だったことから今回は新しくできた文化ホールでの講義と体験をと開催されたもので、会場には、最先端の音楽療法を勉強しようと職員はじめ福祉関係者ら大勢の人が詰めかけました。

 午前中の講義に続き午後からは、故郷の家の4施設の利用者さんの発表会が催されました。昨年、ブンネ先生の指導と、先生が開発した誰でも簡単に音が奏でられる楽器の紹介があったことを受けて、その後各施設でブンネ式音楽療法を実践。1年間の療法の成果を舞台で発表したものです。ハンドベルや太鼓の演奏、ブンネ楽器を用いての演奏と歌など利用者さんは、舞台の上で緊張しながらも楽しい演奏を披露。大阪の利用者さんのアリランの発表では、思わず踊り出すオモニ達も。ブンネ音楽療法2

 発表の後の体験では、車椅子に乗った人と介護者が、手をとり音楽に合わせて腕を伸ばしてあげる方法や、楽器を持った利用者さんが、ブンネ先生の創作した物語に合わせて効果音を出すワークショップを体験。はじめこわごわ楽器を手にしていた利用者さんも音が出たとたん、満面の笑顔になり心がほぐれていく様子がわかり、温かい雰囲気でセミナーとなりました。

 この度のセミナーも、こころの家族の支援者・高山茂雄氏が名誉顧問を務める 財団の後援により実現できました。



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園