|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2007年 > ソウルで100万人運動

「100万人が参加するこころの家族運動」の 発起人式、盛大に
韓国ソウルで「故郷の家・京都」の建設運営支援の運動がスタート


韓国ソウルのプレスセンターで2007年11月28日「100万人が参加する こころの家族運動・在日コリアン高齢者のための故郷の家づくり」の発会式 が行われました。会には、日本からの参加者のほか韓国の 文化人、言論人、社会福祉家など約200人が集まり、 在日コリアンの高齢者が今最も必要としている、故郷にいると 同じ思いで過ごせる終の棲家、故郷の家・京都への支援の輪 を韓国でも広げよう、と熱く語りあい、運動のスタートを切りました。

激動の歴史の中で韓国から日本に渡り、日本社会の中で苦労を重ねてきた 在日コリアン一世たち。高齢になり故郷が恋しくなったひとたちに 故郷の言葉で、故郷の食事で安心の余生を送れるように、と20年前 故郷の家が日本に建設され、2008年秋には、故郷の家・京都がオープンします。 韓国でももう一度、在日の高齢者のことを知ってもらい支援してもらおう、と 同会が発足しました。
 会では、日本から参加した越智通雄日韓親善協会会長や水谷幸正「故郷の家・京都支 援の会」会長 が故郷の家・京都の必要性を力説。 韓国の言論界の重鎮で国際ロータリークラブ元総裁の呉在景(オウチェーギン)氏 は、 世界のネットワークで、この運動をひろげましょう、と約束 してくれました。
 日本でも一大ブームを起こした韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」でおなじみの歌手ユ・ヨルさんと、主人公の上司役で人気を集めていた俳優の權海孝 (クォン・ヘヒョ) さんは故郷の家の親善大使の大役を快諾、 同会で、任命式も行われました。
 在日コリアンのための草の根運動の始まりです。


在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園