ページトップ
ページボトム
 最近の主な動き (トピックスに一覧掲載)

故郷の家神戸 旧正茶礼に朴起準駐神戸総領事参加 贈物伝達
故郷の家神戸 旧正茶礼に朴起準駐神戸総領事参加 贈物伝達  旧正月を迎えた2月5日、故郷の家・神戸で行われた茶礼(法事)に朴起準駐神戸韓国総領事や李圭燮在日韓国民団兵庫県本部団長が参加されました。
 法人からは尹基理事長、田内文枝総括理事、金基周理事が参加する中、ご利用者の皆様が順に茶礼床に献酒し、職員たちがご利用者様にクンジョル(最大のお辞儀)をして、セベ(正月のあいさつ)を行いました。
詳細»

国連「世界孤児の日」制定推進 尹基理事長 アフリカ マラウィ訪問
アフリカマラウィで孤児の家を訪問する理事長  尹基理事長は、今回のマラウィ訪問を通じて、アフリカ最貧国の現状を肌で感じることが出来ました。孤児たちの住む家は煉瓦作りで立派に見えますが、まだ裸足で暮しているところもあり、床にカーテンのようにかけているものを敷いて寝るなど、一昔前の日本や韓国のように、その貧しさを実感しました。国連「世界孤児の日」の必要性をより強く感じましたし、今後、日本からマラウィの孤児たちを支援していく方法を考えていきたいと語りました。
詳細»

第16回“日韓こころの交流”シンポジウム 京都で開催
第16回“日韓こころの交流”シンポジウム 京都で開催  日韓こころの交流プログラム実行委員会と公益財団法人ユニベール財団が主催し、社会福祉法人こころの家族と韓国の社会福祉法人尹鶴子共生財団が共催する第16回日韓こころの交流シンポジウムが去る11月30日、京都駅前の龍谷大学響都ホールで開かれました。
 この日、社会福祉関係者や一般市民、そして「専門職育成・国際交流セミナー」に参加した韓国の若手ソーシャルワーカーなど、約170名が参加しました。
詳細»

 こころの家族から