故郷の家
トップ
施設長から 施設あんない ブログ サービス 韓国料理 アクセスと
お問い合わせ

「心により添う」「心に届く」「心を受け止める」ケアを目指します
                         故郷の家 施設長 小久保 みゆき

小久保みゆき施設長 こころの家族で高齢者福祉に携わり、今年の8月で17年目になります。
 大阪市生野区で12年、神戸市長田区で4年勤務。昨年10月より堺施設の施設長を任命されました。3か所の施設を経験したことは自分自身の成長にも繋がっています。
 全ての施設で感じたこと。共通すること。ご利用者の笑顔、職員の笑顔が素敵なことです。
 堺施設は、故郷の家発祥の地です。高台にあり、施設東側には竹林が茂る静かな空間があり、風光明媚な環境にあります。各地域の活動も活発に行われています。まだまだ地域に出る機会は少ないですが、これから積極的に関わり、地域と共に歩んでいきたいと思います。
 一人の人間として「思いやりの心」を忘れずに、ご利用者お一人おひとりの「心により添う」「心に届く」「心を受け止める」ケアを目指していきます。
 これからも、ご家族、ご利用者に安心していただけるよう、最善を尽くしていきたいと思っています。
 皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

小久保 みゆき(こくぼ・みゆき)

1956年愛媛県生まれの大阪育ち。保育専門学院を卒業後、乳児院や託児所などに勤務。社会福祉法人「こころの家族」の「故郷の家」を知り、その名前に惹かれて「故郷の家・大阪」へ。生野区内を自転車で走りまわり、どこでも「アンニョンハセヨ〜」と飛び込んでいくうちに、今では「韓国のどこの生まれ?」と聞かれる程に。2008年、大阪センター長に就任、2011年から神戸施設長、2015年から堺施設長に就任。


|| あゆみ || 故郷の家・大阪 || 故郷の家・神戸 || 故郷の家・京都 ||

故郷の家/こころの家族HOMEへ