京都トップ 施設長から 施設あんない ブログ 韓国料理 アクセスと
お問い合わせ
 

 

 利用者、ご家族、職員、地域の方々に愛される施設に
故郷の家・京都施設長  梁本 浩子

 施設長 梁本浩子
  「多文化共生」に思いをはせ、故郷の家で就労し9年が経ちます。
 2007年に大阪市生野区にある故郷の家介護サポートセンター・大阪でケアマネジャーとして働き始め、2012年から故郷の家介護サポートセンター・大阪においてセンター長を約4年勤めさせていただきました。
 理事長の提唱する「HEART SERVICE」という言葉に感銘を受け、心の通ったサービスを念頭にマネージメントを行ってまいりました。
 2016年4月より故郷の家・京都の施設長をさせて頂くこととなり、今までの経験を活かしながら、より地域に密着した施設づくりを考えております。文化ホール・お茶室のある故郷の家・京都施設が広く皆様に愛されるよう努めてまいります。
 利用者様やその家族様をはじめとして、そこで働く職員、そして地域の方々に愛される施設となるよう努力する所存でございます。

梁本 浩子(やなもと・ひろこ)

  1958年神戸生まれ。1977年に大阪市生野区で居住し、2007年より故郷の家介護サポートセンター・大阪において、ケアマネジャーとして勤務。2012年9月より故郷の家介護サポートセンター・大阪にてセンター長に就任。地域の施設として、地域との交流に力を注ぐ。2016年4月より故郷の家・京都の施設長として就任。



 お一人おひとりが大切にされ、快適で我が家のように心安らぐサポート
ケアハウス故郷の家・京都施設長 野間 歩

施設長 野間 歩


   日ごろ、故郷の家・京都の入居者の皆さま、ご家族をはじめ、地域の皆様のご理解、ご協力と温かいご支援をいただき、心からお礼を申し上げます。
 2016年4月から「ケアハウス故郷の家・京都」の施設長に就任させていただいています。
 ケアハウス故郷の家・京都は、「一般型」と「介護型」が併設されています。
 一般型ケアハウスは、基本的に自立の方ですので、自由な生活の中ではありますが、同じケアハウスで生活されている方とのコミュニケーションがより進むようにできたらと思っています。
 「介護型ケアハウス」は、一定介護が必要な方ですので、安心、安全を確保しながら、その方らしい役割も担っていただきながら、生活していただけたらと思っています。
 お一人おひとりが大切にされ、快適で我が家のように心安らぐ生活。職員は、真心を尽くしてサポートします。これは、故郷の家サービスの基本である「ハートサービス」の姿を表しています。
 職員一同、心を一つにして、お一人おひとりがご自分らしく、楽しく、穏やかに生活していただけるようサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

野間 歩(のま・あゆみ)

1955年京都府生まれ。大学卒業後、京都市役所に入職。2006年から福祉事務所で生活保護など福祉六法に係る業務を担当。退職後、縁あって「ケアハウス故郷の家・京都」施設長に就任。

|| あゆみ || 故郷の家 || 故郷の家・神戸 || 故郷の家・大阪 ||

故郷の家/こころの家族HOMEへ