この国に住む外国人が日本はいい国だといえる社会づくりをめざします
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

国連世界孤児の日


「故郷の家」は社会福祉法人「こころの家族」が運営する介護福祉施設です。
故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京
社会福祉法人こころの家族
 法人本部
〒590-0142
大阪府堺市南区檜尾3360-12
TEL:072-271-0881
FAX:072-271-5474
E-mail:kazoku @ kokorono.or.jp
 東京事務所
〒135-0043
東京都江東区塩浜1-4-48
TEL:03-3644-0555
FAX:03-3644-0556
E-mail:tokyo @ kokorono.or.jp
 パンフレット・チラシ (PDF)
 (ここからダウンロードできます)

 法人全体紹介(4頁 79.3MB)
 故郷の家(堺特養)(4頁 828KB)
 故郷の家(堺食事)(2頁 387KB)
 故郷の家(堺デイサービス)
            (4頁 890KB)
 故郷の家(神戸特養)(4頁 1066KB)

 二階幹事長共生園訪問
 丁世均韓国国会議長
 「故郷の家・東京」訪問

 (16頁 4528KB)
東京建設 東京求人 介護人    
■ 6月14日 弊法人新役員決定
新理事決定新評議員決定

 弊社会福祉法人こころの家族の新しい理事と評議員等の役員が決まりました。
 「故郷の家・東京」開設に伴い、東京在住の役員を拡充し、業務担当を明確化しました。
 今後、新役員で、地域社会貢献と弊法人の発展に邁進いたしますので、何卒、よろしく旧倍のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
詳細はこちら

■ 6月10・11日 安倍総理特使 二階俊博自民党幹事長 共生園をたずねるために木浦訪問
二階俊博幹事長 共生園 訪問

 安倍晋三総理特使の二階俊博自由民主党幹事長は、文在寅大統領との会談を前にして、「韓国孤児の母」田内千鶴子女史が国境を越えて孤児たちと愛を育んだ「共生園」を訪ねるために木浦を訪れました。
 特使団一行には、高知県の尾崎正直知事、西森潮三元議長(全羅南道名誉道民)、長嶺安政駐韓日本大使、自民党議員、関係者、観光旅行業界、記者など360名が参加しました。
 特使団一行は、10日、韓国の高速鉄道KTXで木浦駅に到着、全羅南道関係者多数の歓迎を受け、翌11日には、共生園で記念植樹し、園児たちと交流、参加者全員で日韓友好発展を願った風船を空へ向けて飛ばしました。
詳細はこちら

■ 6月7日 丁世均 韓国国会議長 故郷の家・東京 訪問
丁世均韓国国会議長 故郷の家・東京 訪問

 丁世均韓国国会議長が、去る6月7日、故郷の家・東京を訪問しました。丁議長は、2009年、当時民主党代表の時に開所したばかりの故郷の家・京都を訪問したのに次ぎ2回目の訪問となりました。
詳細はこちら

■ 4月1日 都市型軽費老人ホーム オープン 「故郷の家・東京」

 4月1日に「都市型軽費老人ホーム 故郷の家・東京」(定員8床)がオープンします。ただいま入居者募集中。
 60歳以上で、身のまわりのことは一人でできるけれども、毎日の食事のことなど、一人で生活するのに不安を感じている方がご利用される入居型の施設です。全室個室ですが共有のリビングやキッチンがあるので入居者同士の交流も図れます。また、相談員がいるので何でも気軽に相談でき、安心です。
 くわしいことはお気軽にご相談ください。電話03・3644・0555(担当・巽)

■ 会報のご紹介 最新号のコラムから
会報No.315
このコラム掲載の
会報はこちらから

■ 最大の福祉は戦争予防

 「高知県人は以前から私たち全羅南道道民とは家族です。何故ならば私たちの孤児三千人を育ててくださった尹鶴子(田内千鶴子)さんは高知県出身だからです」。
 2016年10月31日、母の誕生日で命日でもあるこの日、全羅南道李洛淵知事は、高知県と姉妹締結を結ぶ式典でこのように話をし、尾崎正直知事御一行を暖かく迎えた。
 田内千鶴子が育てた多くの孤児たちは朝鮮戦争の孤児である。大勢の孤児の中で私も生活した。あの戦争で父も行方不明となり帰らなかった。今でも父の消息を待っている。

コラムの続きはこちらから

過去の会報はこちらから! 会報が発行されるとメールでお知らせ
在日韓国老人ホームを作る会 故郷の家・京都支援の会  木浦共生園