HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

違いは恵みです

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

福祉サービスは、全国どこも似たようなものです。

でも、どこかが違う。
それは、雰囲気であったり、香りであったりします。

その雰囲気や香りを、利用者、家族、地域社会の皆様、訪問者が喜ぶところに故郷の家の文化があります。

違いは恵みのしるしです。
ところが
「強い」ことが好きで、「弱い」ことが嫌い。
「同じ」ということが好きで、「違う」のは嫌い。
「違う」という言葉は「拒否」も意味します。

この弱さを恵みとして捉え、その弱さから学びながら、その弱さを捉えるところに真実の「強さ」があるというのがキリスト教の主張なのです。(阿部志郎)

そして、違いを排除しない。違いを喜ぶ心を認める。
『ひとり』という存在は全部違い、その違いを喜ぶ心を持って受け入れてお互いに共存する。

「お互いに愛し合い、共に生きる社会を作りたい」
これが、こころの家族の始まりであり、「故郷の家」なのです。

2019年7月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2019年
 1月 3月 5月 7月
■2018年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2017年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園