HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

第73回韓国光復節に

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

 子どもの頃。私は韓国木浦の小さな孤児院共生園で育った。
 小学校では日本人といじめられ、韓国生まれの私が、なぜ日本人なのかと恨めしく思った。
 登下校に山から見下ろす海をながめながら、祖国とは何かと、いつも問いかけた。

 孤児のお世話をした母・田内千鶴子は、孤児がいない世界を夢見た。
 2012年、彼女の生誕100周年には木浦に日韓両国市民が2700人集い、その席で、韓国と日本が人類の未来に希望の樹を一緒に植えましょうと呼びかけて、国連世界孤児の日制定推進を提唱した。
 国連の舞台で韓国と日本の両国が協力して進め提案することは意味が大きい。

   去る8月14日、韓国国会で開かれた第73回光復節記念式と韓半島平和統一祈祷会に招かれ「8・15は韓国人には喜びの日で感謝の日です。日本人には反省の日で謝罪の日です。私は二分の一の韓国人であり、二分の一の日本人である」と前置きして、次のように話した。

 世界の平和を導く韓国と日本
 世界の共生を主導する韓国と日本
 世界の孤児を世話する韓国と日本
 考えるだけでも胸がいっぱいになる。

 わたしの体に流れる韓国人と日本人の血がそうさせるのか。
 73回目の韓国光復節に、提案します。

 互いに愛しましょう。
 互いに手を取り合いましょう。
 そして、互いに励まし合いましょう。

2018年9月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2018年
 1月 3月 5月 7月 9月
■2017年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園