HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

子どものこころ

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

人と人のこころの接着剤は何でしょう。
私は、「愛」だと思います。
愛という漢字をよく見ますと、その中には心という字があります。
あいという発音は、韓国語で子どもを意味します。
愛は、子どもの心から始まるべきではないでしょうか。

愛には、国境がないと言われます。しかし、異性間の愛は、言葉、習慣、環境等文化の違いから誤解と不便があります。
宗教には、国境がないと言われます。しかし、その宗教が余りにも多く派閥が強いため国境を超えることが難しい。
芸術には、国境がないと言われます。しかし、国家の背景と国力が弱ければ芸術の世界に進出することは大変難しいことです。

本当に国境がないのは、子どものこころです。
人間の本心です。
人間の良心です。
昔、ある天文学者が夜、外に出て空に美しく輝く星を眺めていました。そして、どぶんと、溝に落ちてしまいました。
溝の中から救い上げられたのを見ていた一人が皮肉を言いました。
「遠いところは良くご覧になるのに、足元は見えませんか?」
1500年前、ギリシャの国の僕として生まれたコプチエ閣下のお話は、今日、私たちを考えさせます。
私たちは、まず、足元から知ることです。
そして、お隣の人から親しくなることです。
遠いところは遠いところの人に任せて、近くの人から大切にしていく。
これが、日韓親善の始まりだと思うのですが・・・・。

2019年5月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2019年
 1月 3月 5月
■2018年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2017年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園