HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

 共生園の創設者 尹致浩(ユン・チホ)

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

 親や社会から捨てられた子供たちと生活を共にする父を、
世の人々は乞食大将と呼んでいました。共生園の始まりです。
 今日、6月13日は、父・尹致浩の108回目の誕生日です。
 息子・娘・孫たちが挨拶する日です。
 朝鮮戦争の翌年1951年1月26日に、
父は孤児の食料を求め道庁の光州に出かけたまま、
帰らぬ人となりました。私が8歳のときです。
 6・25動乱で、孤児の数は一時500人までになりました。
 母は孤児を育てながら父の帰りを待ち続け、苦労の末に56歳で亡くなりました。
 8歳の少年は、今、74歳になりました。
 この6月11日、父を愛した母・田内千鶴子の足跡を訪ねて、
日本から特使として二階俊博自民党幹事長ご一行360名が共生園に来られました。
 記念植樹の後、みんなで風船を飛ばしました。
 共生園の子供たち、そして、世界の孤児たちの幸せを祈って、
360あまりの風船が空高く山の上まで舞い上がり、広く遠く飛んでゆきました。
 田内千鶴子が休むその空のむこうに。

2017年7月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2017年
 1月 3月 5月 7月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園