HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

   アジアに「ジャパンドリーム」を!

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

 50余年前、西ドイツでは韓国の男性を炭鉱労働者として1万人、女性を看護師補助として1万人受け入れたことがある。
 韓国から来た人の大半は、大学を卒業した人だった。西ドイツでの契約期間が終われば、自分が目指す分野の勉強が許され、カメラマンや音楽家を目指す人たちもいた。自分の夢を実現するために、望んで西ドイツに行った。
 現地で稼いだお金を韓国に送ることで、韓国経済の励みにもなった。このことが今でも、涙と感動の歴史の1頁になっている。

 世界の若者がアメリカに行き、自分の夢を実現できる「アメリカンドリーム」という言葉があるように、アジアの国々の若者にとって「ジャパンドリーム」の幕開けの時がきたのではないだろうか。
 例えば、ミャンマーは長い軍事政権から選挙による自由な国に向かっている。ミャンマーの若者に夢と希望を与えたい。
 今こそ日本は、生まれ変わらなければいけない。
 日本に来た若者の憧れが失望に変わらないように、日本が嫌いにならないように、夢がかなえられ、アジアの人々に信頼される日本に。

 日本では、人口は減り始め、介護職員が約十万人も不足している。日本の発展に汗を流した今の高齢者が、自分らしく暮らせるためには、アジア全体で考えていかなければない。
 「ジャパンドリーム」を目指し、外国人と共に発展する日本を考える時期が来ている。そのためにアジアのどの国の人も、男性でも女性でも、誰もが自分の夢を実現できる国「日本」であってほしい。

 アジアに「ジャパンドリーム」を!

2017年1月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2017年
1月
■2016年
1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2015年
1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2014年
1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2011年
1月 2月 3月 4月 6月 8月
10月 12月
■2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月
12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園