HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

「笑顔が今も浮かぶ」

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

今年の初夏に一年ぶりに韓国を訪れた。
共生園に行った時のことである。
小学校一年生に見える子どもたちが学校から帰ってきた。
その姿がとてもかわいらしかった。
お姫様、王子様のように見えた。
その瞬間、涙がこぼれた。
このように貴い子どもを育てられなかったご両親の心情はどうだろうか。

ソウルで韓国社会福祉元老会の発足があった。
1960年、劣悪な社会福祉の現場で汗を流した社会福祉士たち、
学校で福祉を教えた教授たち、長官や次官を経験された官僚もいらっしゃった。
その中である若い女性が「私が大学2年の時、故郷の家の研修プログラムに2週間参加しました」と挨拶をした。
温かい香りを感じた。
彼女は、大統領室の職員になっていた。

翌日私は、龍山の大統領室に招かれた。
そこで彼女は、静かに座っている私の代わりに田内千鶴子、そして私が日韓で実践してきた福祉の内容を説明する。

10月28日韓国の木浦で開催予定だった「田内千鶴子生誕110周年の記念式典」に大統領のメッセージを持ち、大統領室から参列くださる という一報が届いた。
彼女に電話をした。
電話の向こうで「故郷の家でのお年寄りの笑顔が今も浮かびます」と、うれしそうな声が響いた。
こんなに喜んでくれることに感激した。
私も初心に帰らないと、と決意した。

小さな縁を大切にする情の文化が、まだ韓国には残っている。
デジタル・機械文明に隠された人間本来の温かさを彼女から感じた気がした。
                  社会福祉法人こころの家族  尹基(Tauchi Motoi)

2022年11月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在5施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。
 

■2022年
 1月  3月 5月 7月 9月 11月
■2021年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2020年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2019年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2018年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2017年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園