HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

孤児の里親

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

ハリウッド女優で難民支援活動をするアンジエリーナ・ジョリーさんの長男マドックス君が、韓国の延世(ヨンセ)大学に入学することになった。
アンジエリーナさんには子どもが6人、上の3人は養子である。2年前、クメール・ルージュ支配下のカンボジアで大虐殺を生き抜いた少女の手記を基にした映画「最初に父が殺された」は彼女自身が監督し、カンボジヤ出身のマドックス君はエグゼクテイブプロデユーサーを務め、今後が期待される。

里親と言えば、菅原文太さんがなつかしい。
「福祉は知らんが、一番難しいことをさせてください」と、故郷の家の募金委員長を務め、日本で最初のキムチと梅干の老人ホーム・故郷の家ができた。

ある日、文太さんの好きな俳優ポール・ニューマンの話になった。彼は俳優としても立派だったが世界の孤児10人の里親だという話に、「わしも、孤児の里親になるか」と、共生園の双子の里親になった。

あれから30年。当時幼かった彼女たちは、その後大学を出て就職し結婚もした。今は、お母さんになっている。

1人から1人へ、繋いだ手は見事に育っている。
子どもたちは未来そのものだ。
愛がある限り、人間の明日は大丈夫。

共生園に行けば
「人間愛で国家を超える共生園」と、李洛淵総理は前職全羅南道知事として記している。

2019年9月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2019年
 1月 3月 5月 7月 9月
■2018年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2017年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園