HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

   福祉はこころ

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

 26歳で、幼児から高校生まで320人が生活する韓国木浦市の児童養護施設・共生園の園長に選ばれ、初仕事は、債権者会議であった。苦労もしたが、沢山の借金を解決したら、もっと広い世界にめぐり合えた。
 今思えば、負債があったから、福祉を専攻したものの未経験者の私が園長に就任できたと思う。

 最近、日本では社会福祉法人を大きく改革する法案がとおり、各法人はその対応に追われている。
 経営組織のあり方の見直し、事業運営の透明性の向上、地域における公益的な取り組みを実施する責任などである。
 そのために、評議員選定解任委員会を組織し、新たな評議員会と理事会が組織され、公益性の高い社会福祉事業を求めるのが狙いのようだ。
 世界的企業の会長を非営利組織の責任者に迎えたが、非営利組織にきて何もできなくなったという話しがある。

 社会福祉の現場にとって大切なのは、ご利用者の心をつかむこと。そして、使命感だと思う。
 安泰を図り、お互いに管理監督するシステムを目指して、頭で考えたのが、今回の改革である。
 しかし、これは、一定の役割を果たすことはできても、社会福祉事業の本質とは距離があるような気がする。

 私が、借金を抱えながら共生園を立て直したのは設立者の精神を称え、その精神を知らせたい使命感に燃えたからだった。
 どうすれば、ご利用者やご家族が喜ばれるか。
 そのためには、どんな心をいれたらいいかを考える毎日である。
 福祉は制度ではなく、心である。
 福祉は管理ではなく、使命感です。

2017年3月1日 

尹 基(ユン・キ)
 韓国・木浦で孤児達の施設「共生園」を創始した伝道師・尹致浩を父に、その妻であり尹致浩のあとを継いで共生園を守り続けた田内千鶴子を母として生まれた。社会福祉法人こころの家族理事長。母の生涯を著した「愛の黙示録/母よ、そして我が子らよ」は映画化され、多くの人の感動を得た。「梅干しとキムチ」に象徴されるはじめての日韓共生の老人施設「故郷の家」は現在4施設となり、日本の福祉に新しい風を送り続けている。

■2017年
 1月 3月
■2016年
 1月 3月 5月 7月 9月  11月
■2015年
 1月 3月 5月 7月  9月  11月
■2014年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2013年
 1月 3月 5月 7月 9月 11月
■2012年
 1月 3月  5月 7月 9月 11月
■2011年
 1月 2月 3月 4月 6月 8月
 10月  12月
■2010年
 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 7月 8月 9月 10月 11月
 12月
■2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 
12月
■2008年
7月 8月 9月 10月 11月 
12月 

故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園