HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

「金山大使の言葉」

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 

 1984年6月に、朝日新聞の論壇で在日コリアン高齢者の孤独死問題は、高齢化していく日本の中でもう一つの高齢化問題だと訴え、それに関心を示してくださった各界の著名人510名が発起人となり、できたのが「在日韓国老人ホームを作る会」である。  おりしも、中曽根康弘総理は戦後総決算を国会で発言していた。しかし、「在日コリアンの問題をほっておいて、戦後総決算は終わっていない」と、初代会長の金山政英元駐韓日本国大使は反論した。
 金山大使の意見を日本政府や政治家たちが真剣に考えたなら、今の三菱重工業の労働者問題も起こらなかったと思う。   「日本の外交は、米国、ロシア、中国、英国などの国々とうまくいっても、隣国の韓国とうまくいかないと砂の上に立った家と同じだ」と言われた。 
 金山大使は、「死んでからも日韓友好をしたい」と願われ、分骨してソウル近郊のカトリック墓地に眠っている。その折、ソウルにはご長男と一緒に私がお持ちした。 
 11月1日は金山大使の命日である。この春亡くなられたご友人の崔書勉博士からは「僕が死んだら大使のお墓はあなたが守ってくれ」と言われている。 
 日韓両国関係が厳しい今、金山大使の一言をもう一度聞きたい。 
 「日本の外交は、米国、ロシア、中国、英国などの国々とうまくいっても、隣国である韓国とうまくいかないと砂の上に立った家と同じだ」と。 


 社会福祉法人こころの家族   尹基(Tauchi Motoi)

2020年9月03日 



故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都


100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園