HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

  「夢の木」 を大きく育てよう

ソーシャルワーカー 尹基
社会福祉法人 こころの家族理事長

 「故郷の家・東京」が現実のものとなる日がきました。東京都に申請していた施設整備補助が内示されたからです。
 私たちが4半世紀にわたって進めてきた「こころの家族」運動を飛躍させる新たな、大きな、拠点を得ることに なります。
 東京都心という、土地事情の厳しい地域であり、私たちが望んだ全ての希望を満たせるほど十分でありません。
 しかし、世界に向けた強い発信力を持つ東京に「夢の木」を植える地を得ました。
 2011年3月、東京で「故郷の家・東京」を作ろうと開いた集会に参加した人々が語り合った「夢の木」の存在 を、全国の人々に、世界の人々に知らせ、私たちがめざす「多文化共生」の福祉文化の下に、国境、民族を超えて、多 くの人々が集う場にしたいと願っています。
 「夢」を改めて問い直し、展開し、広げてゆくか。思いをめぐらす日々を送っています。
 長年にわたり皆さまが描いてきた夢が今また、東京で実を結ぼうとしています。この「夢の木」をどう大きく育 てるのか。高齢者福祉について多くの問題が噴出し議論されている中で、どうやって高齢者の豊かな老後を確保して いくか「故郷の家・東京」を新たな福祉モデルを創出する場にできればいいと望んでいます。さらなる皆さまのお力 をお貸しください。       2013年11月1日

 
















故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
100周年
在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園