|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

  私が願う友愛社会

社会福祉法人 こころの家族
            理事長  尹 基

 鳩山政権が誕生し「友愛社会」づくりが始まりました。政治家の言葉としては、珍しく新鮮と受け止めら れているようです。
  韓国では「友愛」 「兄弟愛」 「同胞愛」もよく使います。
争いがなく、仲良く、幸せという味わいがあり、儒教の 精神やキリスト教の愛も含まれていい響きです。
  少数が、個人が、弱者が、尊重される、そんな世界が 友愛社会でしょうか。人類愛、隣人を愛する心を通じて平和を作る。友愛社会は豊かで、正義の通じる社会 を目指すことです。
  一部の人だけにあふれる豊かさは「正義の社会」では ありません。落ちこぼれた人々と共に生き、落伍した 人々にも、もっといい生きがいを追求できる権利と機会が与えられる社会。正直で誠実な人々が幸せに暮らせる社会。このような社会が、正義ある豊かな社会だと思います。
  儲けるのはお金ですが、分かち合うのはこころです。
儲けることだけに熱中する社会から、こころ温かくお金を使う社会へ。個人の利益のために走る社会から、共 に分かち合い、共に生きる社会。こころ温かい友愛社会への転換を願わずにはおられません。
  鳩山総理の友愛社会づくりが、日本国内に止まることなく、世界に広がり「日本人一人ひとりが愛の泉」になるよう願います。

2009年10月1日



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園