|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

  ソーシャルワーカーの文化

社会福祉法人 こころの家族
            理事長  尹 基

 「ソーシャルワーカー」という言葉をご存知ですか?
 韓国では各地域で働く社会福祉士たちを「先生」と呼びます。地域の人たちの相談にのり、問題を解決してくれる社会福祉士たちへの信頼と期待が「先生」という一言に込められています。
 李明博大統領は、保健福祉家族部長官や女性部長官に社会福祉士協会の会長、副会長の経験者を任命し、地方自治体の首長、官僚、議員も社会福祉士出身者が増えています。
 日本では、社会福祉の対象と領域も行政の中で縦割 的に措置制度の範囲内で行われてきたのに対し、韓国では社会福祉といえば、ソーシャルサービス、ヒューマンサービスとして、社会的弱者の保護だけではなく、カウンセリングなどの対人サービスから社会政策の立案に至るまで幅広い領域にわたっています。
 福祉、医療、保険、教育などを含む「人間に対する社会サービス」全般を対象に、法律・制度にとらわれず、ニーズに応じて発展してきました。
現在、日本の社会福祉士協会への登録者は約6万5千人います。昨年からは文科省が「学校ソーシャルワーカー」の採用を予算化しました。幅広い分野で、社会福祉士たちが、活躍できる制度ができることを望んでいます。
 

2009年2月1日



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園