|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

  オバマの風が・・・

社会福祉法人 こころの家族
            理事長  尹 基

 私には夢がある。いつか、ジョージアの赤土の丘に、元奴隷の息子と元奴隷の所有者の息子たちが手をつないで一緒に座るようになる夢です。
 私には夢がある。いつか、あの不義と差別が存在するミシシッピー州が自由と正義のオアシスに変わる夢です。私には夢がある。いつか、私の子どもたちが肌の色でなく人格で評価される。そんな国で住む夢です。
 私には夢がある。差別主義者がはびこるアラバマ、知事は口を開けば差別をする。そんなアラバマで、幼い黒人の少年少女と白人の少年少女が、手を取り合って仲良く暮らす日がくるという夢です。

 1963年、公民権運動の指導者キング牧師の有名な演説を、私なりに、かいつまんでまとめたものです。米国初の黒人大統領にオバマ氏が当選した。喜びの涙が止まらない黒人たち。弱い立場で苦しんでいる全世界の人々に希望を与えた。
 テレビを見ながら、これは「共生主義」の勝利だと思った。
 80年前、ともに生きて行こうという信仰で共生園を設立した私の親父、尹致浩(ユン・チホ)伝道師!
 ともに生きるという共生主義以外に、世界平和を維持する哲学が、これのほかに何があるだろうか。
 ともに生きていこうと考え、実践した尹致浩伝道師!にあらためて頭が下がる。
 新しいオバマの風は日本にも、アジアにも吹くだろう。
 日本も、出身にかかわらず、夢を持てば、それを人々が支持するこころの大きな国に、それを実現できる社会に。
 私にも夢がある。そんな社会をつくる夢が。

2008年12月1日



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園