この国に住む外国人が日本はいい国だといえる社会づくりをめざします
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
「故郷の家」は社会福祉法人「こころの家族」が運営する介護福祉施設です。
故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京
社会福祉法人こころの家族
 法人本部
〒590-0142
大阪府堺市南区檜尾3360-12
TEL:072-271-0881
FAX:072-271-5474
E-mail:kazoku @ kokorono.or.jp
 東京事務所
〒135-0043
東京都江東区塩浜1-4-48
TEL:03-3644-0555
FAX:03-3644-0556
E-mail:tokyo @ kokorono.or.jp
 パンフレット・チラシ (PDF)
 (ここからダウンロードできます)

 法人全体紹介(4頁 79.3MB)
 故郷の家(堺特養)(4頁 828KB)
 故郷の家(堺食事)(2頁 387KB)
 故郷の家(堺デイサービス)
            (4頁 890KB)
 故郷の家(神戸特養)(4頁 1066KB)
 ケプランセンター故郷の家・東京
          (1頁 254KB)

 二階幹事長共生園訪問
 丁世均韓国国会議長
 「故郷の家・東京」訪問

 (16頁 4528KB)

国連世界孤児の日

東京建設 東京求人 介護人
■ 尹基理事長 NHK Eテレ「こころの時代」に出演 6月23日 放送
尹基理事長 NHKこころの時代出演 予告

 尹基理事長が、NHKEテレ(教育テレビ)の人気番組「こころの時代」(1時間番組)に出演します。
 放送日は6月23日(日)午前5時から6時まで。再放送は、6月29日(土)午後1時から。

 予告は、下記アドレスに掲載されています。
  https://www4.nhk.or.jp/kokoro/
  https://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2019-06-23/31/30373/2008347/

詳細は、こちら

■ 故郷の家・京都10周年記念感謝の集いコリアジャパンデイ盛了
故郷の家・京都第10回コリアジャパンデイ中国獅子舞

 太鼓が響き、獅子が舞い、農楽の心地よいリズムがこだます中、ご利用者やご家族、そして地域やボランティア、来賓、職員の皆様が、それぞれの民族文化の違いを共有しながら、故郷の家・京都の第10回コリアジャパンデイを楽しみました。
詳細は、こちら

■ 大阪福祉防犯協会 助成車両贈呈式
大阪福祉防犯協会 助成車両贈呈式

 大阪福祉防犯協会からの助成車両贈呈式が、去る4月2日、故郷の家で行われました。
 この日、同協会の高智茂会長(金基周当法人理事)から弊法人の尹基理事長、田内文枝総括施設長に寄贈車が伝達されました。
詳細は、こちら

■ 金瑛録全南知事 高知訪問 田内千鶴子記念碑に献花
金瑛録全南知事高知訪問 田内千鶴子記念碑献花

 高知県と姉妹関係にある金瑛録韓国全羅南道知事一行10人が、去る3月18日、就任後初めて、高知県を訪問しました。この日夕方、高知市内の三翠園で開かれた歓迎レセプションには、尹基理事長、田内文枝総括理事も参加しました。
 翌日、金瑛録知事は、田内千鶴子記念碑に献花しました。
詳細はこちら

■ 朴起準駐神戸韓国総領事 旧正月茶礼に参加 故郷の家・神戸
朴起準駐神戸韓国総領事 旧正月茶礼に参加 故郷の家・神戸

 旧正月を迎えた2月5日、故郷の家・神戸で行われた茶礼(法事)に朴起準駐神戸韓国総領事や李圭燮在日韓国民団兵庫県本部団長が参加されました。法人からは尹基理事長、田内文枝総括理事、金基周理事が参加する中、ご利用者の皆様が順に茶礼床に献酒し、職員たちがご利用者様にクンジョル(最大のお辞儀)をして、セベ(正月のあいさつ)を行いました。

詳細はこちら

■ 尹基理事長 アフリカ マラウィ訪問 国連「世界孤児の日」制定を訴え
尹基理事長アフリカマラウィ訪問国連「世界孤児の日」制定訴え

  国連「世界孤児の日」制定に向けて、精力的に活動している尹基理事長が、昨年10月のニューヨーク世界大会に続き、今年1月7日から13日までアフリカのマラウィを訪問しました。

 マラウィ訪問には、英国大使などを歴任した秋圭昊氏、作家の殷美姫氏、巽耕作秘書長が同行しました。
 尹基理事長は、今回のマラウィ訪問を通じて、アフリカ最貧国の現状を肌で感じることが出来ました。孤児たちの住む家は煉瓦作りで立派に見えますが、まだ裸足で暮しているところもあり、床にカーテンのようにかけているものを敷いて寝るなど、一昔前の日本や韓国のように、その貧しさを実感しました。国連「世界孤児の日」の必要性をより強く感じましたし、今後、日本からマラウィの孤児たちを支援していく方法を考えていきたいと語りました。

詳細はこちら

■ 会報のご紹介 最新号のコラムから
会報No.327
このコラム掲載の
会報はこちらから

■ 子どものこころ

人と人のこころの接着剤は何でしょう。
私は、「愛」だと思います。
愛という漢字をよく見ますと、その中には心という字があります。
あいという発音は、韓国語で子どもを意味します。
愛は、子どもの心から始まるべきではないでしょうか。

愛には、国境がないと言われます。しかし、異性間の愛は、言葉、習慣、環境等文化の違いから誤解と不便があります。
宗教には、国境がないと言われます。しかし、その宗教が余りにも多く派閥が強いため国境を超えることが難しい。
芸術には、国境がないと言われます。しかし、国家の背景と国力が弱ければ芸術の世界に進出することは大変難しいことです。

コラムの続きはこちらから

過去の会報はこちらから! 会報が発行されるとメールでお知らせ
在日韓国老人ホームを作る会 故郷の家・京都支援の会  木浦共生園